西宮市東山の住宅地に隣接する約14haの山林で「みどり豊かな森づくり」を目標に森のお世話をしています。

スギ、ヒノキの人工林、広葉樹林、草地、沢などの水場があり、それぞれの林分で見られる植生に配慮しながら、木を伐り、

草を刈っています。

そして、持続的な目標林の保全に繋げていく試みとして、地元名塩和紙の原料であるガンピを森の生き物と一緒に育成し、

森の生き物に学び、楽しみ、森を大切にする活動をしています。                              

                                                                           2018年3月  理事長 中尾利子


1月、2月の活動予定

 

 ▶ 1月12日(土)9:00~12:00(定例活動) 7区で常緑樹の除伐

 ▶ 1月17日(木)9:00~12:00(三木会)  7区で常緑樹の除伐

 ▶ 1月26日(土)9:00~12:00(定例活動) 7区で常緑樹の除伐

 ▶ 1月31日(木)9:00~12:00(三木会)  7区で常緑樹の除伐

 ▶ 2月 9日(土)9:00~12:00(定例活動) 7区で常緑樹の除伐

 ▶ 2月21日(木)9:00~12:00(三木会)  7区で常緑樹の除伐

 ▶ 2月23日(土)9:00~12:00(定例活動) 7区で常緑樹の除伐

 ▶ 2月28日(木)9:00~12:00(三木会)  7区で常緑樹の除伐

 

6月~9月の活動時間は原則「8:00~11:00」、10月~5月は「9:00~12:00」です。

森の入り口は活動のない時は施錠されています。興味のある方にご参加いただけるように、 活動を公開していますが、

予定は急に変更する場合もありますので、参加/見学ご希望の方は、必ず「お問い合わせ」のページから連絡を下さい。


活動の様子と森の様子

▶1月12日(土) 手鋸とチェーンソーを使って木を伐っていますが、得にチェーンソーは安全に正しく使うことが求められます。今日は、日本森林ボランティア協会から講師をお招きし、目立て、扱い方を丁寧に教えていただきました。


▶11月24日(土)定例活動

長年放置林であった所は常緑樹が多く季節感が無いです。育成会の活動は増えすぎた常緑樹を除伐して日当たり良くし、落葉樹や草花も育つように整備しています。

▶12月8日(土)やきいも大会

穏やかな冬晴れの中、会員を含めて50人以上で、やきいも作り、木工作、伐採体験、森の散策と4つのグループに分かれて楽しみました ⇒ ブログ

▶12月19日(水)東山台小・自然学習

3年生がヒノキ林で、冬越しをしている生き物を探して観察しました。植物も様々な工夫で寒さから身を守っていることを知りました。⇒ ブログ


▶10月26日(金)臨時活動

育成会活動は木を伐ることが主ですが、森を利用するには、園路の維持管理も欠かせない作業です。自然に朽ちることもありますが、イノシシによる被害が多いです。そんな園路の補修を育成会の力持ちIさんとSさんが丁寧に仕上げてくれました。

▶10月30日(火)東山台小・自然学習

ヒノキ林で、3年生が葉っぱを集め、色々な形があることを学びました。葉以外にもキノコやエビフライやノウサギやトゲナナフシなども見つけ、いつもは静かなヒノキ林に今日は元気な声が溢れました⇒ブログ

▶11月10日(土)定例活動

予定区域の常緑樹除伐と背丈ほど伸びて繁茂していたウラジロ刈りました。

また、ここから元気なウラジロが育ち、そばにいたモリアオガエルにとっても過ごしやすい住処になること願って作業しました


▶8月25日(土)サマーフェスティバル

今年のサマフェスは多くの方々に木工クラフト、カレーライスを買っていただき、育成会一同お礼申し上げます。

また、育成会活動の方へもお越しください

⇒ ブログ

▶9月18日(火)東山台小・自然学習

雨の多いこの頃ですが、季節の虫達はいつものように姿をみせ、今年も小学3年生が昆虫採集にきました。先生と子供たちが一緒に楽しんでいる様子からは、心和む気持ちをいただきました ⇒ ブログ

▶10月13日(土)定例活動

創造の森はこれから木を伐る季節を迎えました。少しづつ森が明るくなり、森の生き物も人にとっても気持ちの良い環境が整っていきます。


▶7月19日(木)三木会

酷暑の中で生き延びている生き物たちに思いを巡らせながら、16区のウラジロ刈りをしました ⇒ ブログ

▶7月28日(土)定例活動

平成30年度の活動は「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」を申請し、森林整備を進めています。その際にモニタリング調査を義務付けられ、目標とする「明るい森」の管理作業、常緑樹の除伐をしました。

▶8月8日(水)虫探し

補虫網を持って、森の中の虫探しに出かけました。いつもは慌ただしく通り過ぎる山道もゆっくり目を凝らすと、いろんな虫に出会うことができました ⇒ ブログ



環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けるがれるよう頑張って参りたいと思っています。