西宮市東山の住宅地に隣接する約14haの山林で「みどり豊かな森づくり」を目標に森のお世話をしています。

スギ、ヒノキの人工林、広葉樹林、草地、沢などの水場があり、それぞれの林分で見られる植生に配慮しながら、木を伐り、

草を刈っています。

そして、持続的な目標林の保全に繋げていく試みとして、地元名塩和紙の原料であるガンピを森の生き物と一緒に育成し、

森の生き物に学び、楽しみ、森を大切にする活動をしています。                              

                                                                           2018年3月  理事長 中尾利子


2023年1月、2月の活動予定

 

 ▶ 1月14日(土)9:00~12:00(定例活動) 18区で常緑樹除伐(雨天時は1月16日)

 ▶ 1月19日(木)9:00~12:00(三木会)  18区で常緑樹除伐(雨天中止)

 ▶ 1月28日(土)9:00~12:00(定例活動) 18区で常緑樹除伐(雨天時は1月30日)

 ▶ 2月11日(土)9:00~12:00(定例活動) 18区で常緑樹除伐(雨天時は2月13日)

 ▶ 2月16日(木)9:00~12:00(三木会)  18区で常緑樹除伐(雨天中止)

 ▶ 2月25日(土)9:00~12:00(定例活動) 18区で常緑樹除伐(雨天時は2月27日) 

 

・育成会の活動に興味のある方にご参加いただける様に、活動を公開しています。

・予定は急な変更もありますので、参加(見学)ご希望の方は必ず「お問い合わせフォーム」より連絡をしてからお越しください。

・道具類はお貸しすることができます。長そで長ズボン着用の上、軍手、飲物、タオルをお持ちください。

・(三木会)とは「さんもくかい」と読み、毎月第3木曜日に実施する活動で、森の生き物リストの作成や植生調査を行いますが、

 整備活動を補う内容も実施しています。

 


活動の様子と森の様子のBlog

ボーイスカウト大阪と一緒に整備活動 2023/1/15

今日はボーイスカウト大阪から子供から大人までの15人が森林整備体験に来ました。

其々、鋸、剪定バサミ、ヘルメット、手袋を装備して、初めに低木のヒサカキから伐りました。伐った木は制定バサミで伐って小さくして片付けていきます。剪定バサミの使い方が上手くできなくて両手で伐っている子もすぐに慣れて小枝を伐り、鋸も上手く使って木を伐ることができました。

皆が上手く道具を使えるようになったところで大人の人が径が約15㎝のソヨゴを伐倒しました。安全には充分に注意しながら木にロープを掛け、受け口と追い口を上手く作ることができツルによってメリメリとゆっくり木は倒れました。

続きを読む 0 コメント

今年最後の整備活動 2022.12.24

 クリスマスにもかかわらず、10名の参加があり、ヒノキ通り沿いのシダ類を刈りました。

背丈ほど伸びたウラジロが蔓延るとその下から他の植物は育たない。

周りにあるいろいろな植物からの種や埋土種子が発芽しやすいようにウラジロを刈り、スッキリと開けた空間ができました。

来年初夏頃にはどんな植物が見られるか楽しみです。

 

続きを読む 0 コメント

やきいも大会 2022.12.10

暖かく、紅葉が見頃のナシオン創造の森で開催しました「やきいも大会」には27名のご参加をいただきました。

参加者は3つのプログラム

①創造の森散策

②リース作り

③ポイント巡り  のうち希望の1つに参加して頂きました。

 

 

リース作りでは、紅葉の美しいもみじの下で、クリスマスリースとミニツリーを作りました。お父さんを含む大人5人と子供6人が参加して、用意した材料を使って自分の好きな飾りをしていきます。

意外な発想で個性的な作品がたくさんできました。楽しいクリスマスになるといいですね。

続きを読む 0 コメント

東山台小学校3年生自然学習 2022.12.6

 冬晴れの12月6日(火)、第3回目の自然学習 ”葉にはどんな形があるのかな” をテーマに実施しました。

 お父さんを含む18名の保護者と一緒に、創造の森へと出発です。森に入ると、9月に来た時とは森の色がすっかり変わり、赤や黄色に染まった木々の紅葉が今を盛りにと、みんなを迎えてくれました。

 おまつり広場では、今年のテーマの “クラスの木” の観察と記録をして、いよいよヒノキ林へと向かいます。行く道は昨日の雨で滑りやすくなっているので、慎重に進みます。

途中の沢では、子供達は丸太橋を渡るのがとても楽しいようで、恐々だけど楽しそうに渡って行きました。

続きを読む 0 コメント

伐採体験会 2022.10.8

木の伐採体験会を開催。

参加者は1家族お父さん、お母さん、5歳の男の子。育成会9名。

剪定ばさみ、鋸を腰に吊るし、ヘルメット、手袋を装備して男の子は育成会から伐り方を教えてもらいながら径が2㎝ほどのヒサカキから伐り始めた。

お父さんは径が約6センチのソヨゴから伐り始め、最後は径が約17㎝あるソヨゴの受け口を作って追い口を作っていき最後につるを残して、「バッサ!!」と倒れた時は「お~~」と歓声が上がった。正確に倒すことができた。

 

続きを読む 0 コメント



育成会の紹介リーフレット

ダウンロード
育成会リーフレット2021(外面).pdf
PDFファイル 996.9 KB

ダウンロード
育成会リーフレット2021(中面).pdf
PDFファイル 966.2 KB


環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けつがれるよう頑張って参りたいと思っています。