西宮市東山の住宅地に隣接する約14haの山林で「みどり豊かな森づくり」を目標に森のお世話をしています。

スギ、ヒノキの人工林、広葉樹林、草地、沢などの水場があり、それぞれの林分で見られる植生に配慮しながら、木を伐り、

草を刈っています。

そして、持続的な目標林の保全に繋げていく試みとして、地元名塩和紙の原料であるガンピを森の生き物と一緒に育成し、

森の生き物に学び、楽しみ、森を大切にする活動をしています。                              

                                                                           2018年3月  理事長 中尾利子


2021年4月、5月の活動予定

 

 ▶ 4月 3日(土)9:30~12:30(楽しむ会) 春のイベント「創造の森を自由に散策しよう」

 ▶ 4月10日(土)9:00~12:00(定例活動) 16区の常緑樹除伐(雨天時は4月12日)

 ▶ 4月15日(木)9:00~12:00(三木会)  展望台斜面の整備

 ▶ 4月24日(土)9:00~12:00(定例活動) 16区の常緑樹除伐(雨天時は4月26日)

 ▶ 5月 8日(土)9:00~12:00(定例活動) オオキンケイギク刈り取り(雨天時は5月10日)

 ▶ 5月13日(木)9:00~12:00(三木会)  調査区設定

 ▶ 5月20日(木)9:00~12:00(三木会)  植生調査

 ▶ 5月22日(土)9:00~12:00(定例活動) 16区の常緑樹除伐(雨天時は5月24日)

 

育成会の活動に興味のある方にご参加いただける様に、活動を公開しています。

予定は急な変更もありますので、参加(見学)ご希望の方は必ず連絡をしてからお越しください。

道具類はお貸しすることができます。

 


活動の様子と森の様子

--2021年--

▶3月27日(土)定例活動

コバノミツバツツジが咲く中で、今年度最後の活動でした。常緑樹が混み入って陽当たりが悪かった林内は明るくなり、来年以降は落葉の木々が花数を増やしてくれるでしょう。一昨年のトライやるで来てくれた生徒が、手伝いにきてくれました。

▶4月8日(木)ガンピ苗の植栽

植栽予定範囲の全てにガンピの苗を植え終えました。2017年に植え始めて枯れた所へは補植をし、約550本あります。ほぼ順調に育っているので、最後に植えたガンピもこれから森の植物と一緒に元気に育つこと願っています。

▶4月24日(土)鋸を使っての安全講習会

森を育てる部会長から新人2名が、木を伐る際の鋸の使い方、伐倒の仕方を習いました。広葉樹が茂る中で他の木にかからないように倒す方向を見極めながら上手に倒していました。


▶1月30日(土)安全講習会

講師をお招きして、チェーンソーを扱う者5名が講習を受けました。一人ずつ、木を伐り、倒す方向が正確にできるように指導いただきました。

習ったことを活かして安全に活動していきます。

▶2月19日(金)見学会

森林インストラクターひょうごの会が見学にきました。目標に沿って管理して見えてきた多様な森林の様子を紹介し、現在、管理している森林を見ていただきました。その中でいろいろなシダ類を教えていただきました。

▶3月22日(月)見学会

川西市「虫生川周辺の自然を守る会」から7名の方が見学に来られ、森林整備について案内させていただきました。

虫生の自然ではシロバナウンゼンツツジの保全など貴重な植物の生育保全活動に努めておられます。


▶11月22日(土)「創造の森で遊ぼう!」

年少1名、小学生3名、保護者4名。

良い香りの木、文字や絵が描ける葉っぱ、とても苦い葉っぱ。スベスベした木の肌、動物が食べた跡など。とても楽しく森の中の遊びを体験しました。この後はいろいろな落ち葉でカルタ取りをしました。

▶12月12日(土)

「やきいも作り&木こりに挑戦」

創造の森を自由に散策するグループ、ノコギリとハサミを使って木の伐採を体験するグループに分かれて、例年のやきいも大会とはちょっと違う形で、身近な森を楽しみました ⇒ ブログ

▶12月26日(土)定例活動

各自が安全に気を配りながら、今年も充実した森林整備ができました。

林内はすっきりと明るくなり、来春のコバノミツバツツジのお花見が楽しみです。


▶10月5日(月)7日(水)19日(月)

東山台小3自然学習

3年生にとって初めての創造の森訪問は1クラスずつの昆虫採集です。例年より遅い時期ですが、たくさんの昆虫を元気に見つけることができました ⇒ ブログ

▶10月24日(土)定例活動

会員9名参加。直径28cmのヤマモモの伐採が本日の課題でしたが、想定通りうまく伐倒でき、とても気持ち良く活動を終えることができました ⇒ ブログ

▶11月5日(木)

今年もガンピの種を採取しました。

初めて山に植えたガンピからは沢山の種が採れましたが、木がまだ小さいせいか山で自然に生育している木と比較すると少し小さい種が多かったです。これらの種をネットに入れ来年春の播種まで土に埋めておきます。


▶6月27日(土)定例活動

お祭り広場のシンボルツリーだったクリノキが枯れてしまいました。これを伐倒した後、7区で常緑樹の除伐作業を行いました。⇒ ブログ

▶7月16日(木)三木会

長雨で中止続きの活動をようやく実施できました。植栽地で元気に育っているガンピを見てほっとしながら、樹皮を傷める可能性のある、トゲやツル性の植物を取り除きました。⇒ ブログ

▶9月12日(土)定例活動

夏の間に伸びた草を刈り払い機を使って刈りました。

草の中にアキノタムラソウをSさんが見つけ、手鎌で周りの草を丁寧に刈り、薄紫色の可愛らしい花の姿を見せてくれました。定期的に草を刈ることでこのような草花が見られるようになります。



環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けるがれるよう頑張って参りたいと思っています。