西宮市東山の住宅地に隣接する約14haの山林で「みどり豊かな森づくり」を目標に森のお世話をしています。

スギ、ヒノキの人工林、広葉樹林、草地、沢などの水場があり、それぞれの林分で見られる植生に配慮しながら、木を伐り、

草を刈っています。

そして、持続的な目標林の保全に繋げていく試みとして、地元名塩和紙の原料であるガンピを森の生き物と一緒に育成し、

森の生き物に学び、楽しみ、森を大切にする活動をしています。                              

                                                                           2018年3月  理事長 中尾利子


2021年7月~9月の定例活動

 

 ▶ 7月 1日(木)8:00~11:00(三木会)  B区植生調査(雨天のため7月8日に延期)

 ▶ 7月10日(土)8:00~11:00(定例活動) 16区の常緑樹除伐(雨天時は7月12日)

 ▶ 7月15日(木)8:00~11:00(三木会)  B区植生調査

 ▶ 7月24日(土)8:00~11:00(定例活動) 16区の常緑樹除伐(雨天時は7月26日) 

※8月の活動はおやすみです

 ▶ 9月 2日(木)8:00~11:00(三木会)  ガンピ植栽地手入れ 

 ▶ 9月 9日(木)8:00~11:00(三木会)  18区草刈り

 ▶ 9月11日(土)8:00~11:00(定例活動) 草刈り(雨天時は9月13日)

 ▶ 9月25日(土)8:00~11:00(定例活動) 16区の常緑樹除伐(雨天時は9月27日)

 ▶ 9月30日(木)8:00~11:00(三木会)  C区植生調査

 

・育成会の活動に興味のある方にご参加いただける様に、活動を公開しています。

・予定は急な変更もありますので、参加(見学)ご希望の方は必ず「お問い合わせフォーム」より連絡をしてからお越しください。

・道具類はお貸しすることができます。

・(三木会)とは「さんもくかい」と読み、毎月第3木曜日に実施する活動で、森の生き物リストの作成や植生調査を行いますが、最近は定例活動を補う内容も実施しています。

 


活動の様子と森の様子のBlog

定例活動 2021.7.24

前回の続きで交付金のモニタリング調査区での整備作業。参加者8名。

現場にたどり着くだけで滝の汗でクタクタでしたが、残っていたソヨゴの伐採を完了し、100平米の調査区には夏の日差しが眩しく差し込んできました。

 

新人のF君もメキメキ腕を上げてくれてるし、休憩時間にはオリンピックの話題で盛り上がり、みんな元気に今月の作業を終えました。

続きを読む 0 コメント

定例活動 2021.7.10

梅雨時の雨上がり、風が無く蒸し暑い。

交付金で義務付けられている管理前後の効果を見るための調査地での作業。

コシダの被度が70%で全て刈り取る。

コシダに隠れていたミヤマガマズミ、コナラ、コツクバネウツギなどの稚樹が見えてきた。そして増えすぎたソヨゴの除伐。

管理をしていない所と比べるとスッキリと明るい状態になって、人は汗でヨレヨレ状態だけど残った木は元気に育つよ!!

続きを読む 0 コメント

東山台小学校3年生自然学習 2021.6.24

今年度第1回春の自然学習が6月24日(木)、梅雨の晴れ間に実施されました。

おまつり広場で、中尾理事長から“創造の森ってどんなところ?”の話を聞いたあと、

20数名の保護者の方も入って、4つのグループに分かれました。

各グループに育成会の会員がついて、いよいよ創造の森探検の始まりです。

 

 

続きを読む 0 コメント

定例活動 2021.6.12

本日の定例活動は、9名の参加者で草刈り。

ドンジリ川の河原と棚田を5台の刈払い機をフル稼働で、そして斜面や残したい植物の周りは手作業です。その甲斐あってピンクのカワラナデシコやアリマウマノスズクサが少しずつ増えています。

0 コメント

年長さんが森で”ひみつ基地”! 2021.6.10

森の近くの「ぽぽこども園」の年長さん26人が久しぶりに森に遊びに来てくれました。今日はちょっと本格的な”ひみつ基地”を作るのが目的です。 

そのために、まずは「巻きむすび」というロープの結び方の練習をしました。

育成会も苦手なロープワークを年長さんはすぐにクリア!すごい! 

その次はヒノキ林の広場まで行って、3本の丸太を「巻きむすび」と「8の字しばり」を組み合わせて、円錐形の骨組みを作ります。

そして、ウラジロや木の皮や松ぼっくりやキノコや森の中で見つけたもので飾りつけして完成。 

 

続きを読む 3 コメント


環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けるがれるよう頑張って参りたいと思っています。