西宮市の北部、西宮名塩ニュータウン(ナシオン)に隣接した14ヘクタールの里山(ナシオン創造の森)を近隣住民が整備しています。

育成会設立10年目を迎えました。

設立当初に明確な目標を持って森林整備にあたり、これと並行して森林が持つ様々な機能を生かしながら、学び、楽しみながら活動してきました。

近隣住民参加の年2回のイベント、小学生の自然体験学習、中学生のトライやるウィークでの森林整備体験、植生調査など。

昔の里山とは違った利用ですが、里山が持つ多様な自然を失うことがないようこれらの体験を通して、次世代に受け継がれることを願っています。

ようやく育ち始めた里山利用です。この芽生えが途切れることなく、ゆっくりですが、

里山と共に、人も育まれながら活動しています。                                  

                                                                            2016年4月  理事長 中尾利子


12月、1月の活動予定

 

 ▶12月 9日(土)9:00~12:00 ヤキイモ大会

 ▶12月21日(木)9:00~12:00 (三木会)ヒノキ林の林床整理

 ▶12月23日(土)9:00~12:00 (定例活動)17区枯れ松整理 

 ▶ 1月13日(土)9:00~12:00 (定例活動)スギ林の間伐

 ▶ 1月18日(木)9:00~12:00 (三木会)ヒノキ林の林床整理

 ▶ 1月27日(土)9:00~12:00 (定例活動)スギ林の間伐

 

6月~9月の活動時間は「8:00~11:00」、10月~5月は「9:00~12:00」です。

森の入り口は活動のない時は施錠されています。興味のある方にご参加いただけるように、 活動を公開していますが、

予定は急に変更する場合もありますので、参加/見学ご希望の方は、必ず「お問い合わせ」のページから連絡を下さい。


活動の様子と森の様子

▶12月9日(土)やきいも大会

大勢の近隣の方が、森の散策、木工クラフト、やきいもとトン汁とおにぎり作りというプログラムに参加していただき、楽しい冬の一日を過ごすことができました。

⇒ ブログ


▶11月11日(土)定例活動

スギ林で間伐作業を行いました。3名の会員がチェーンソー講習を受講し、この日は2人がデビューしました。モーター音が響く中、みんな張り切って活動しました ⇒ ブログ

▶11月15日(水)

19日に開かれるKIRAKIRAマルシェで販売する木工クラフトを作りました。

マツボックリのミニツリーや竹細工などたくさん出来上がりました。どうぞ皆さんお越しください

▶11月19日(日)KIRAKIRAマルシェ

寒さのため、ナシオンホール内での開催となりましたが、たくさんのご来店とお買い上げありがとうございました。

これを機に育成会の活動に関心を持っていただけると、嬉しいことです。


▶10月14日(土)定例活動

スギ林の間伐時期を迎え、伐る木を選定しその周りの林床整理をしました。

8年前と比べると随分明るくなり、春から秋にかけて草花が見られ、今日は、ツルニンジンの花が咲いていました。

▶11月1日(水)ガンピの種を採取しながら、森の秋を楽しみました。

黄葉が始まったガンピから509粒の種が採取でき、水切りネットに入れて来年3月末まで土に埋めておきます。

▶11月10日(金)東山台小”創造の森探検”

3年生が「葉っぱ集め」をして、葉っぱには色々な形があることを発見しました。

ヒノキの木の下でみんなで、おにぎりもいただきました。 ⇒ ブログ



環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けるがれるよう頑張って参りたいと思っています。