西宮市東山の住宅地に隣接する約14haの山林で「みどり豊かな森づくり」を目標に森のお世話をしています。

スギ、ヒノキの人工林、広葉樹林、草地、沢などの水場があり、それぞれの林分で見られる植生に配慮しながら、木を伐り、

草を刈っています。

そして、持続的な目標林の保全に繋げていく試みとして、地元名塩和紙の原料であるガンピを森の生き物と一緒に育成し、

森の生き物に学び、楽しみ、森を大切にする活動をしています。                              

                                                                           2018年3月  理事長 中尾利子


4月、5月の活動予定

 

 ▶ 4月 7日(土)9:30~12:30  春のイベント「創造の森で宝探し」

 ▶ 4月14日(土)9:00~12:00 (定例活動)安全講習会

 ▶ 4月19日(木)9:00~12:00 (三木会)7区の林地調査

 ▶ 4月26日(木)9:00~12:00 (臨時三木会)7区林地調査

 ▶ 4月28日(土)9:00~12:00 (定例活動)7区の除伐

 ▶ 5月12日(土)9:00~12:00 (定例活動)7区の除伐

 ▶ 5月10日(木)9:00~12:00 (臨時三木会)4区ガンピ調査 

 ▶ 5月17日(木)9:00~12:00 (三木会)4区ガンピ調査

 ▶ 5月21日~25日 トライやるウィーク

 ▶ 5月26日(土)9:00~12:00 (定例活動)7区の除伐

 

6月~9月の活動時間は「8:00~11:00」、10月~5月は「9:00~12:00」です。

森の入り口は活動のない時は施錠されています。興味のある方にご参加いただけるように、 活動を公開していますが、

予定は急に変更する場合もありますので、参加/見学ご希望の方は、必ず「お問い合わせ」のページから連絡を下さい。


活動の様子と森の様子

▶4月16日(月)ガンピ苗直植え

2016年に種から育てたガンピ苗76本を植えました。その隣には昨年植えたガンピ230本が元気に育っています。


▶4月3日(火)ガンピ播種

今年も、ガンピの種を約490粒ポットに撒きました。会員がそれぞれ家に持ち帰り、山へ植えるまでの 2年間大切に育てます。

▶4月7日(土)春のイベント

「創造の森で宝さがし」ではたくさんの方々に森を楽しんでいただきました

⇒ ブログ

▶4月14日(土)定例活動

新年度最初の活動にあたり、整備部会長による安全講習会を行いました ⇒ ブログ


▶3月10日(土)定例活動

創造の森の玄関口でもあるドンジリ通斜面のアベリアの剪定とハリエンジュを刈りました。また、展望台の見通しを遮っているコナラも伐りました。

▶3月14日(水)

市役所指定の業者によりナラ枯れのコナラとアベマキを1本ずつ伐採しました。⇒ ブログ

▶3月15日(木)三木会

初夏のような陽気の中で鶯の囀りを聴きながら、ドンジリ通りの外来種オオキンケイギクの抜き取りをしました。

地面に張り付き根もしっかり地中に這っているので作業は捗りませんでしたが、気長にしていきます。


▶2月2日(金)東山台小「創造の森探検・冬」ヒノキ林で土の中や朽木の中で冬越しをしている虫を探したり、冬芽の観察をしました ⇒ ブログ

▶2月3日(土)西宮市主催の「生物多様性シンポジウム」が開催されました。育成会理事長の中尾が活動発表を行い、パネラーとして今後の課題について意見交換をしました。⇒ ブログ

▶2月24日(土)定例活動

スギ林で4本のスギを伐倒 ⇒ ブログ

 



環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けるがれるよう頑張って参りたいと思っています。