西宮市東山の住宅地に隣接する約14haの山林で「みどり豊かな森づくり」を目標に森のお世話をしています。

スギ、ヒノキの人工林、広葉樹林、草地、沢などの水場があり、それぞれの林分で見られる植生に配慮しながら、木を伐り、

草を刈っています。

そして、持続的な目標林の保全に繋げていく試みとして、地元名塩和紙の原料であるガンピを森の生き物と一緒に育成し、

森の生き物に学び、楽しみ、森を大切にする活動をしています。                              

                                                                           2018年3月  理事長 中尾利子


9月、10月の活動予定

 

 ▶  9月14日(土)8:00~11:00(定例活動) 草刈り

 ▶  9月19日(木)8:00~11:00(三木会)  4区ガンピ生育調査

 ▶  9月26日(木)8:00~11:00(三木会)  4区ガンピ以外の植物の調査

 ▶  9月28日(土)8:00~11:00(定例活動) 7区の除伐

 ▶ 10月12日(土)9:00~12:00(定例活動) 7区の除伐

 ▶ 10月17日(木)9:00~12:00(三木会)  4区ガンピ阻害樹種除伐

 ▶ 10月26日(土)9:00~12:00 伐採体験会(詳細は後日お知らせします)

 

6月~9月の活動時間は原則「8:00~11:00」、10月~5月は「9:00~12:00」です。

森の入り口は活動のない時は施錠されています。興味のある方にご参加いただけるように、 活動を公開していますが、

予定は急に変更する場合もありますので、参加/見学ご希望の方は、必ず「お問い合わせ」のページから連絡を下さい。


活動の様子と森の様子

▶9月14日(土)定例活動

ドンジリ通りの草刈りをしました。涼しくなったとは言え、太陽の照りつける中での作業は大汗をかきました ⇒ ブログ

▶9月19日(木)三木会

ガンピの苗を山に植えて2年目の生育を調べました。何本かが消えていましたが、ほぼ順調に育ち、一番高い樹高は180㎝、胸高直径はまだ1㎝に満たないです。

育ったガンピの根から出てきたと思われる稚樹が2本ありました。

▶9月20日(金)東山台小3自然学習

2回目・夏の自然学習では昆虫採集をしました。たくさんの昆虫を捕まえ、虫かごの中は大変な騒ぎです。子どもたちはどんなことを感じたでしょう ⇒ ブログ


▶7月29日(月)定例活動

いつもは、森に入ると気温が少し低くなるように感じるのですが、今日は、風が無くどんよりと蒸し暑さが森の中に溜まっているようでした。体が重くて動きが鈍く、予定より1時間はやく作業を終えました。

▶7月31日(水)自然観察

育成会の活動も夏休みに入りましたが、この機会に林内をゆっくり巡って自然観察を行いました ⇒ ブログ

▶8月24日(土)サマーフェスティバル

カレーライスと木工クラフトのお店を出しました。お店に来て下さったみなさま方、ありがとうございました。


▶6月22日(土)定例活動

草刈りが終わって、ふと上を見上げると

アリマグミの実がたくさん付いていました。初めてのことです ⇒ ブログ

▶7月9日(火)ドンジリ川南岸の草刈り

ドンジリ川と歩道に挟まれたエリアは狭くて作業がしにくいのですが、2日がかりで草を刈ったり、倒木を片付けてスッキリきれいになりました。⇒ ブログ 

▶7月12日(金)ぽぽ保育園の子どもたちが森に来てくれました。ヒノキ林まで歩いてたくさんの木の枝や葉を集めました。

園で秘密基地を作るそうです。カッコいい基地ができるとイイね ⇒ ブログ


▶5月24日(金)トライやる5日目

最終日は山の作業はなく、ロープワークを習って一本ロープ橋を作ったり、木工作を楽しんだりしました。5日間でいろいろな経験ができましたね。⇒ ブログ

▶5月29日(水)東山台小3自然学習

今年度も3年生の自然学習が始まりました。1回目の今日は、森の中をたくさん歩き、育成会と一緒にいろいろなものを発見しました。⇒ ブログ

 

▶6月5日(水)環境保全功労団体知事表彰。

兵庫県公館にて、育成会が「自然環境保全活動を通じて環境保全の推進に尽力」した功績を認められて、表彰されました。


▶5月21日(火)トライやる2日目

今日から3日間は終日、森で整備作業です。道具の使い方に慣れるにつれて、伐る樹も太くなります。達成感ある~!と喜んで作業している様子を見て、育成会も張り切って働きました。⇒ ブログ

▶5月22日(火)トライやる3日目

今日もたくさんの樹を伐りました。男子も女子もぐんと腕が上がって、基本的なことは一人でできるようになりました。残り日数が少なくなってきたのが残念そうです。

⇒ ブログへ 

▶5月23日(水)トライやる4日目

午前中は昨日の続きで、常緑樹を伐採する活動、午後は森の入口の近くの小鳥通りの草刈と清掃に汗を流しました⇒ブログ


▶5月11日(土)定例活動

立夏が過ぎ、陽射しは真夏のようでした。木の高い所でハルゼミが鳴き始め、水場ではハラビロトンボが舞い、柔らかい葉の上には幼い虫達。木を伐っていると、毎回違う虫達との出会いがあります。虫好きにはたまらない季節を迎えました。

▶5月16日(木)三木会

2009年に植生調査を行うのに100㎡の枠を設定し、ソヨゴとヒサカキが大半を占める薄暗い林分で、この中の植物全てを取り除きました。どのような植物が出現してくるか2011年、2012年、2015年と調べ、今日は10年目の調査をしました。元あった種の出現が主ですが、特に落葉樹が勢い良く成長していました。

▶5月20日(月)トライやる1日目

今年は6名の塩中2年生がやって来ました。午前中は道具の使い方や樹の伐り方を習ってさっそく整備活動に汗を流しました。

午後は室内で座学です。「森の大切さ」と、「豊かな森づくり」について勉強しました⇒ブログ




環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定されました

 環境省は全国で500か所の「生物多様性保全上重要な里地里山」を選定しましたが、ナシオン創造の森がその一つに選定されました。

 西宮市のHPでも紹介されています。

 

 育成会結成から10年目にこのような里山に選ばれたことを光栄に思っています。

これからも整備作業に励み、ナシオン創造の森が次世代に受けるがれるよう頑張って参りたいと思っています。