和紙の材料「ガンピ」を育てています

和紙の材料となるコウゾやミツマタは栽培が容易ですがガンピの栽培は難しく、野山で自然に育ったガンピを採取して使われています。昨年9月のブログでもご紹介しましたが、この気難し屋のガンピを育てるようになった経緯をお話しします。

ナシオン創造の森でも陽当たり良く、水はけがいい尾根に近い所には所々ガンピが育っていますが、昔は現在よりも多く育っていたのではないかと思われる出来事がありました。

 

7年前に育成会の管理手法をデータで示すことができるように調査地を三か所設定しました。

 

皆伐区画一か所、常緑の植物を取り除いた区画二か所です。2年目の調査に入った頃に落葉の植物だけ残した一か所からガンピ稚樹110本が出現しました。これには驚きました。

 

昨年ガンピ栽培講習会でお世話になった今井三千穂先生に一昨年10月に見ていただいたところ、根から出現した稚樹であり、以前はガンピが沢山育っていたことが解りました。和紙の材料として使っていたかは別として、ガンピに適した環境であることが理解できました。

 

このようなことから前理事長の提案で木を伐って森を明るくするだけでなく、和紙の材料であるガンピを育てることをしてはどうか。と夢のような話をやってみようということで種子から発芽、生育とすすめてきました。

現在260本の苗木が育ち、尾根では約0.4haを整備し来年はここに移植する準備を進めています。

この暑い中で森の木の下で2年目のガンピ苗木は元気に育っています。

きょうも早朝に水やりにいきました。

定期的に水やりをしているのですが、森の中に入ると、いつも何かしら興味を引き付けられることがあります。

苗木が育っているすぐ傍でも、アベマキからでる樹液に図体の大きいカナブン、スズメバチ、サトキマダラヒカゲ、小さいアリまでが群がっています。こんな中で人の手で育てられたガンピもいずれ森の様々な生き物と共に育ち、和紙の材料として利用できるようになればと夢に向かって少しずつ歩んでいます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    (水曜日, 24 8月 2016 20:06)

    凄い!