カテゴリ:育てる



2022/04/09
昨年の秋から、北通りに面した斜面を覆っていたイバラやツルなどの下刈りと枯れマツの処理を続けていたのですが、おかげでずい分気持ちの良い春を迎えています。 ヤブの中から写真のような、真っ白なサクラが姿を現しました!! カスミザクラではないかと思われますが、現在同定中。...

2022/02/12
2015年12月に作成した棚田のハンガーが腐って、用を為さなくなったので、新設しました。 旧ハンガーは、杉材を中心に使用して、X型に組み立てていましたが、今回は、2x4材を使用して、シンプルにしました。土台を「ブロック」にしてそこに支柱を立て、クサビを打ち込みしっかりと固定したものです。...

2022/01/22
講師を招いてチェーンソー講習会をしました。 育成会でチェーンソーを扱う4名が其々、枯れマツを伐倒し講師から伐り方などについて指導いただきました。 同じ木は無く、木によって伐り方を考えてチェーンソーの刃を入れていかなくてはいけないですが、手鋸と違ってあっという間に伐れてしまいます。...

2022/01/08
新年、初めに御神木に昨年の活動に感謝し、今年も無事故で安全に活動できることを祈願しました。 この後、活動地の展望台北側へ移動。 7年ほど前に整備を行った所ですが、木を除伐するためにそこまで行く手前の足元には棘植物、木にはサルトリイバラなどの蔓が絡まり、この処理から始めました。...

2021/12/25
今年最後の活動でした。 作業前のラジオ体操、チェーンソーの試運転、道具類の装備をして活動場所へ移動。 枯れているソヨゴの伐倒と背丈まで伸びたウラジロ刈りをしました。 ウラジロは鏡餅やしめ飾りに利用されていますが、長年放置しておくと背丈まで伸びジャンボウラジロになります。...

2021/11/25
杉林からスギを伐り出して、朽ちた橋の付け替えをしました。 安全に林内を利用するためには欠かせない作業です。 歩いても大丈夫なように木を一定の高さに固定しますが、同じ木は無く、試行錯誤しながら丸太を置いていきます。丸太8本を並べて橋らしくなった所で 最後の仕上げで石などを利用してしっかりした橋にします。 大変な労力です。...

2021/11/04
ガンピの生育に支障をきたすツタ、刺を持った植物などを取り除き、 ガンピの根元が土から出ているのは土を被せ、土が流れないように整えました。 日当たり、土の状態で生育に差は出ていますが、種も沢山採取でき順調に育っています。 作業が終わって久しぶりに谷筋通りから帰るとカマツカが紅葉し、他の木も黄色く色づき、所々に種子ができていました。

2021/10/23
一時の暑さから開放されて気持ちの良い活動でした。 今日は、2003年に「森の中にギャップを作ろう」ということで約100㎡の 枠内の植物を全て取り除き、どのような植物が育ち始めるのか調査目的で設定しました。...

2021/10/10
10月とは思えない暑さの中、クリやカキの実が生り、足元にはドングリが落ちていました。 この体験会は森林整備の基本である木を伐る行為を通して、身近な山は人の手が必要であることを伝える目的で開催しています。...

定例活動 2021.7.24
2021/07/24
前回の続きで交付金のモニタリング調査区での整備作業。参加者8名。 現場にたどり着くだけで滝の汗でクタクタでしたが、残っていたソヨゴの伐採を完了し、100平米の調査区には夏の日差しが眩しく差し込んできました。

さらに表示する