カテゴリ:育てる



2023/01/15
今日はボーイスカウト大阪から子供から大人までの15人が森林整備体験に来ました。...

2022/12/25
クリスマスにもかかわらず、10名の参加があり、ヒノキ通り沿いのシダ類を刈りました。 背丈ほど伸びたウラジロが蔓延るとその下から他の植物は育たない。 周りにあるいろいろな植物からの種や埋土種子が発芽しやすいようにウラジロを刈り、スッキリと開けた空間ができました。 来年初夏頃にはどんな植物が見られるか楽しみです。

2022/10/13
木の伐採体験会を開催。 参加者は1家族お父さん、お母さん、5歳の男の子。育成会9名。 剪定ばさみ、鋸を腰に吊るし、ヘルメット、手袋を装備して男の子は育成会から伐り方を教えてもらいながら径が2㎝ほどのヒサカキから伐り始めた。...

2022/10/07
森林山村多面的機能発揮対策の交付金を利用して活動を行っている。 1回の申請で三年間の森林管理を行い、育成会では①平成31年度~令和2年度②令和3年度~令和5年度まで。 この交付金は管理の成果を把握するために申請区域内に100㎡の調査地を設定して5年間の調査が義務付けられている。...

2022/04/09
昨年の秋から、北通りに面した斜面を覆っていたイバラやツルなどの下刈りと枯れマツの処理を続けていたのですが、おかげでずい分気持ちの良い春を迎えています。 ヤブの中から写真のような、真っ白なサクラが姿を現しました!! カスミザクラではないかと思われますが、現在同定中。...

2022/02/12
2015年12月に作成した棚田のハンガーが腐って、用を為さなくなったので、新設しました。 旧ハンガーは、杉材を中心に使用して、X型に組み立てていましたが、今回は、2x4材を使用して、シンプルにしました。土台を「ブロック」にしてそこに支柱を立て、クサビを打ち込みしっかりと固定したものです。...

2022/01/22
講師を招いてチェーンソー講習会をしました。 育成会でチェーンソーを扱う4名が其々、枯れマツを伐倒し講師から伐り方などについて指導いただきました。 同じ木は無く、木によって伐り方を考えてチェーンソーの刃を入れていかなくてはいけないですが、手鋸と違ってあっという間に伐れてしまいます。...

2022/01/08
新年、初めに御神木に昨年の活動に感謝し、今年も無事故で安全に活動できることを祈願しました。 この後、活動地の展望台北側へ移動。 7年ほど前に整備を行った所ですが、木を除伐するためにそこまで行く手前の足元には棘植物、木にはサルトリイバラなどの蔓が絡まり、この処理から始めました。...

2021/12/25
今年最後の活動でした。 作業前のラジオ体操、チェーンソーの試運転、道具類の装備をして活動場所へ移動。 枯れているソヨゴの伐倒と背丈まで伸びたウラジロ刈りをしました。 ウラジロは鏡餅やしめ飾りに利用されていますが、長年放置しておくと背丈まで伸びジャンボウラジロになります。...

2021/11/25
杉林からスギを伐り出して、朽ちた橋の付け替えをしました。 安全に林内を利用するためには欠かせない作業です。 歩いても大丈夫なように木を一定の高さに固定しますが、同じ木は無く、試行錯誤しながら丸太を置いていきます。丸太8本を並べて橋らしくなった所で 最後の仕上げで石などを利用してしっかりした橋にします。 大変な労力です。...

さらに表示する