カテゴリ:学ぶ



2021/09/24
 秋晴れの9月24日に2回目の自然学習“夏の昆虫採集”が実施されました。  創造の森の入口を入ると、春とは違った草のにおいや鳥の声に、森の様子も変わっていることを感じてくれたようです。  おまつり広場から山道を進み杉林へ行く途中では、トカゲがおなかを食べられて死んでいるのを見て、怖いけれどかわいそうだと、遠回しに見る姿が印象的でした。...

2021/09/14
創造の森には、イネ科植物の広がる草原があります。 秋にはバッタ、チョウ、トンボなどの昆虫が飛び交い、毎年小学生の昆虫採集も行うのですが、大人も昆虫を楽しもう、という事で初めての昆虫観察会を開きました。 講師は伊丹市昆虫館の学芸員さんを招き、森林インストラクター兵庫の会の方々と育成会会員、合わせて15名が集いました。...

東山台小学校3年生自然学習 2021.6.24
2021/06/24
今年度第1回春の自然学習が6月24日(木)、梅雨の晴れ間に実施されました。

年長さんが森で”ひみつ基地”! 2021.6.10
2021/06/10
森の近くの「ぽぽこども園」の年長さん26人が久しぶりに森に遊びに来てくれました。今日はちょっと本格的な”ひみつ基地”を作るのが目的です。

2020/10/27
 10月24日(土)は久しぶりの山の定例活動でした。 暑くも、寒くもなく山の活動には良い季節がようやく来ました。 今日は7区(交付金の対象区)の除伐です。会員は林床に広がる「コシダ」刈りと、樹の伐採に分かれ作業しました。 その中で、今日紹介するのは、径28cmの「ヤマモモ」の伐採です。...

2020/10/24
    1年間に4回、“創造の森で生き物や植物に直接触れて季節ごとの自然の変化を感じてもらいたい”と始まった環境学習ですが、今年はコロナウイルスの影響で5月に予定していた“第1回自然学習(春)は残念ながら中止となりました。  コロナ感染が少し落ち着いた9月になって、やっと自然学習が実施できることになりました。...

2020/02/02
“生き物の冬の過ごし方”  東山台小学校3年生に、春夏秋冬1年を通じて創造の森での季節の変化を感じてもらう自然学習の、最後の“冬の探検”が、寒さの少し和らいだ1月29日に実施されました。...

2019/11/14
 第3回目の秋の創造の森探検は、“葉っぱの形”をテーマに最初11日に実施予定でしたが、出発したものの突然の雷雨に会い、残念ながら途中で中止となりました。  2日後の13日は、快晴の青空となり雨でしっとりとした森が元気な子供たちを迎えてくれました。...

2019/09/22
雨で一週間延びた2回目の自然学習“夏の昆虫採集”が、秋晴れの下実施されました。 手に虫取り網と虫かごを持った元気な子ども達に加えて、お父さんを含む40名近い保護者の方も参加され、にぎやかに創造の森へ出発しました。 創造の森の入口を入ると、春とは違った草のにおいや鳥の声を感じながら、おまつり広場へと向かいます。...

2019/05/30
今年のテーマ:森の生き物や植物に触れて、四季の変化を感じてもらう 5月28日(火) 雨  小学校視聴覚教室にて 初めての創造の森探検に行く前の日、ゲストティーチャーとして学校へ招かれました。 子ども達に「森ってどんなイメージ?」と尋ねると、アニメや絵本に出てくる動物や花でいっぱいの森を思っているようでした。...

さらに表示する